ケアマネージャーを受験するには

ケアマネージャーを受験するためには資格がいります。

ケアマネジャーの資格を取るための受験をうけるためには、まず
「介護支援専門員(ケアマネジャー)実務研修受講試験」に合格しなければなりません。

試験に合格することによってはじめて、ケアマネジャーになるための「実務研修」を受ける資格を持つことができます。


合格者は、後日行われる
「介護支援専門員実務研修」を終了することでケアマネージャーとしての資格を取得できます。


ケアマネージャー試験(介護支援専門員実務研修受講試験といいます)の受験資格は、保健・医療・福祉の国家資格を持っている人か、それらの分野で5年以上、900日の実務経験がある人になります。


■保健・医療・福祉の国家資格を持っている

以下の資格を持っている人が該当します。


医師、歯科医師、薬剤師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、視能訓練士、義肢装具士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、精神保健福祉士、栄養士、介護福祉士、社会福祉士、保健師


■実務経験5年以上、 900日の従事日数

保健・医療・福祉の業務に5年以上、900日の従事日数が求められます。
これには、厳しい制限があり、例えば薬剤師などは、調剤薬局の現場で5年以上、900日の従事日数があれば、受験資格がありますが、企業の研究室などで5年間の経験があったとしても、受験資格はありません。


いきなり受験はできないので注意してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。