介護福祉士って何

介護福祉士とは

介護福祉士とは、社会福祉士及び介護福祉士法にもとづく国家資格で介護福祉士試験で合格した人に与えられる資格です。

介護福祉士は、今注目度が高くニーズの高い資格といえます。
介護福祉士の国家資格は1987年にでき、それ以降
年々介護福祉士資格の登録人数は増えています。

高齢化に伴い介護への関心そして介護福祉士へのニーズが高まっているためでしょう。

介護福祉士資格は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を補い、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。

介護福祉士は、『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。



介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上・精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある人の入浴、排せつ、食事その他の介護を行い、その人や介護者に対して介護に関する指導を行う専門職の国家資格です。

介護福祉士は、社会福祉士がソーシャルワーカーと呼ばれるのに対し、ケアワーカーと呼ばれます。1987(昭和62年)にできた制度で資格登録者は628,442名です。(2007年5月)

職種の具体的なものとしては、福祉施設では、老人ホーム、身体障害者更生援護施設の「寮母・寮父」と呼ばれる介護職、在宅では、高齢者・心身障害者関係の「ホームヘルパー」などがあげられます。また、介護職としての専門性をいかして、在宅介護支援センターの職員などのように相談に当たる場合もあります。

資格を所得するには2つのルートがあります。

介護福祉士指定養成施設に入学して学ぶのか、
それとも介護福祉士国家試験を受験するのか、
という2つのルートがあります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。