ケアマネージャーとは

ケアマネージャーとは

介護福祉士を経てそしてケアマネージャーへと進みます。

ケアマネージャーとは?
ケアマネージャーと一般的には呼ばれますが、
正式名称は「介護支援専門員」といいます。


2000年に導入された介護保険制度の中で、根幹をなす役割を担うケアマネージャー(介護支援専門員)。

ケアマネジャーは、2000年4月から施行された「介護保険法」に定められた公的な資格です。

ケアマネージャーは、介護・福祉の現場では、必要な存在で
介護を受けるための申請手続きや決め事にはなくてはならないのです。

2000年からの資格ではありますが、医療・福祉の現場においてケアマネージャーの資格は高く評価されています。


介護保険制度の仕組みは複雑なため、介護が必要になったからといって
介護施設へ行ってもすぐにサービスを受けられるわけではありません。

病院とはこのあたりが違います。

介護を要する方の状況や、家族がどんなことに困っているのかを理解し、計画を立て、
必要なサービスを受けられるように、サービス事業者へ手配するのが、ケアマネージャーの仕事です。

介護施設で、介護を受けるためには、まずケアマネージャーに、
介護サービス計画(ケアプラン)を作成してもらう必要があるのです。


ケアマネージャーは、介護保険制度の中でも、重要な役割を持っている職種なのです。


ケアマネージャーの仕事に、要介護認定に関する申請代行と、訪問調査業務があります。
訪問調査を行った後に、コンピュータによる第1次判定が出ます。

「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、
適切な介護サービスを受けられるようにするために、
介護サービス計画(ケアプラン)を作成することです。

またケアプランの作成だけではなく、ケアプランの給付管理までをカバーするのがケアマネージャーです。

国保連は、サービス事業者が提出した請求書と、ケアマネージャーが提出した給付管理票を照合させ、正しかった場合に、はじめて給付金が出るという仕組みになっています。

つまり、ケアマネージャーの仕事内容は、ケアプランを作成するだけではなく、その計画が適切に実行されているのかどうかまで責任を持つことになります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。