見て覚える!介護福祉士国試ナビ 感想 レビュー

見て覚える!介護福祉士国試ナビ(2009)

去年失敗した介護福祉士の国家試験に合格するために
見て覚える!介護福祉士国試ナビ(2009)という本を買いました

見て覚える!介護福祉士国試ナビ(2009)


感想は、これはいいですよ
絶対読みやすいし、理解しやすいです。

時間の無い受験生にはもってこいだと感じました。

復習というか
確認というか
見て覚えれるのがいいです。

キャッチコピーを引用すると

試験合格に向けたナビゲーション!

文章だけではわかりにくい内容も、
図式化・イラスト化することで、
全体像をつかむことができ、
理解しやすく、おぼえやすくなる。

とのことです。

フルタイムの仕事と子育てに時間をとられ
勉強する時間の無い私ですが

昨日実際に読んで見てこれはいいと思いました。

とくに穴埋めチェックが身につきます。

といっても実際に書かなくても
問題の答えが解っていても解らなくても
答えが右横に書いていますので確認できるので
時間の無い人にはオススメです。

中央法規出版の説明では
介護福祉士国試に必要な13科目を三つの領域に分け、
図表やグラフ、イラストなどを多用しながら、
「大枠」をつかめるよう解説。

「勉強する時間がない」という多くの受験者に向けて、
【記憶に残る整理の仕方】と【記憶に残る覚え方】
をキーワードに効果的な学習法を指南する。


【目次】

第1章 「介護福祉士試験」の全体像と学習方法
第2章 統計データを整理しよう
第3章 制度系科目を整理しよう
第4章 一般教養系科目を整理しよう
第5章 医学・介護系科目を整理しよう
補章 「介護福祉士試験」解答に迷ったときの問題の解き方を考える

【内容情報】

13科目を3つの領域に分類しているため、膨大な出題範囲を効果的に整理できる。
「総論から各論へ」「全体から個へ」と解説しているため、内容が理解しやすい。
文字だけで解説するのではなく、図表やイラストを多用しているため、記憶に残りやすい。
各単元ごとに「穴埋めチェック」を設けており、覚えた内容を問題で確認できる。

見て覚える!介護福祉士国試ナビ(2009)
オススメの1冊です。

見て覚える!介護福祉士国試ナビ(2009)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。